多くのメリットを期待できるシングルサインオンを導入してみませんか

SITEMAP
多くのメリットを期待できるシングルサインオンを導入してみませんか

オープンソースソフトウェア(OSS)の種類について

考える男女

オープンソースソフトウェア(OSS)の種類について紹介します。
まずデスクトップ系としてテキストエディタ、Webブラウザ、Webミーティングシステム、メーラー、ランチャーなどが有名でまた、変わったところでは、テキスト入力支援ソフト、キャプチャソフト、動画取得ソフトなどがあります。
PCに標準で搭載されているソフトでは行き届かない機能を有しており、うまく使いこなすことで作業効率や生産性を大きく上げることが出来ます。

次に開発系としてはOSSが非常に広く活用されています。
WebサーバーやAPサーバー、データベース(RDMBS)、全文検索ツール、テスト支援ツール、統合開発環境などなどOSS製品が開発に広く取り入れられています。なお、OSSのDBについては、その名のとおりOSS-DBという資格も設置され人気を博しています。
現在の開発ではOSSを抜きに構成を考えることは出来ないためエンジニアとしては必須のナレッジとなっています。

次に、ミドル領域ですが、これらについてOSSが浸透しつつあります。
OSとしては、Linux系のオペレーティングシステムなどがあり、またスマートフォンやタブレット向けのOSも昨今ではOSSのものが採用されています。

Pick Up Contents

What's New